読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ三森すずこさんのページ

三森すずこさんのイベントのレポートを中心に書いてます。過去の記事はこちらで⇒http://battleheater.ddo.jp/tetsumovie/

2016年1月3日 大プロレス祭り2016 「プ女子トークショウ」に行ってきた

会場はディファ有明ということで、ライブでは何度となく行ったことがありましたが、プロレスでは初めてでしたね。

棚橋と後藤の鏡割りで開幕。

f:id:battleheater:20160104001425j:plain

 

その後が「プ女子トークショウ」でした。

最初に入場してきたのは、籠谷さくらさんと言う方。
レスラーと同様に花道を通っての入場です。
アイドルをされているようですが、画像検索で出てきた姿と全然違っててビックリした(^ω^;

f:id:battleheater:20160104002720j:plain

f:id:battleheater:20160104002851j:plain

さすがアイドルの方はサービスが良いですね~w

 

2番目は 内田眞由美さんで、元AKB48の方で、今は焼肉屋のオーナーだそうですww

f:id:battleheater:20160104003050j:plain

元AKBの割にはすごく地味に登場されてました。

 

3番目が我らが三森すずこさん。

この流れだと当然矢野通の入場曲で来るんだろうな~とは思いましたが…

f:id:battleheater:20160104003205j:plain

見えてきたのはパイプ椅子????

 

f:id:battleheater:20160104003543j:plain

f:id:battleheater:20160104003645j:plain

みもりんがパイプ椅子を振り回しながら登場wwwwww

 

f:id:battleheater:20160104003810j:plain

 

f:id:battleheater:20160104003841j:plain

f:id:battleheater:20160104003900j:plain

f:id:battleheater:20160104003921j:plain

f:id:battleheater:20160104003943j:plain

ノリノリでパイプ椅子を振りながら目の前を歩いて行くみもりん。
それにしても髪の毛キレイだなあ…

 

f:id:battleheater:20160104004235j:plain

セコンドに襲いかかるみもりん((((;゚Д゚)))))))
でもめっちゃ嬉しそうなセコンド…
俺も三森すずこちゃんにパイプ椅子で殴られてマットに沈みたい人生だった⊂(´;へ;`)⊃

 

f:id:battleheater:20160104004644j:plain

好きなプロレスの話ができるから楽しみにしてたんじゃないかと思いましたが、意外にも緊張して眠れなかったと、泣きそうな顔で語るみもりん。

f:id:battleheater:20160104005119j:plain

みもりんがよくやるこの肩をいからせたようなポーズ、なんか好きw

 

f:id:battleheater:20160104005438j:plain

最後に元井美貴さんが中邑の入場曲でリングイン
気象予報士の方らしいですね。

f:id:battleheater:20160104005704j:plain

ノリノリでポーズをキメるも、みんな割と真顔で微妙な空気が流れる場内…

 

f:id:battleheater:20160104075425j:plain

そんな感じでトークショウは始まりました。

f:id:battleheater:20160104080342j:plain

それぞれが推しレスラーの魅力について語ります。
みもりんはもちろん矢野通について。
好きになったきっかけは「性格が悪そう。なのに鏡餅みたいなわがままボディ」と言ってました。

わがままボディ・・・???
昔はイタリアオヤジとか王子様系とか言ってた時期もあったような気がしますが、みもりんの好みはよくわからんw

f:id:battleheater:20160104122041j:plain

f:id:battleheater:20160104122102j:plain

それにしてもやっぱり表情が豊かだなあ~~~~
2014年5月の横浜アリーナでランス・アーチャーの毒霧を浴びた話を語り、「矢野通の毒霧も浴びに行きたい」とww

 

f:id:battleheater:20160104075604j:plain

f:id:battleheater:20160104122226j:plain

f:id:battleheater:20160104075629j:plain

推しレスラーがやられている時の心境について、身振り手振りを交えて語るみもりん。
やられてるのを見ると「立て!このやろう」とアドレナリンが湧いて来るとのこと。
それを聞いたアナウンサーが「いいお母さんになりそうですね~」と謎のコメント(?ω?)

 

f:id:battleheater:20160104114259j:plain

ついには手を合わせて拝み始めるみもりん。
尊い…(ー人ー)

 

f:id:battleheater:20160104115041j:plain

翌日の棚橋 vs オカダの勝敗を予想する話になり、「同世代のオカダに勝って欲しいけど、まだ先輩の棚橋に頑張って欲しい」ということで青コーナーに向かって来るみもりん。

オカダには「歳上なので」と散々言われたことを意識してかわかりませんが、妙に「同世代」と強調してたのが面白かったw

 

f:id:battleheater:20160104115319j:plain
近くに来てくれたのはいいけど、顔が見えない⊂(´;へ;`)⊃

 

f:id:battleheater:20160104115428j:plain

楽しそうだww

続いて中邑 vs AJ について予想するみもりんの真剣な表情をご覧ください。

f:id:battleheater:20160104115620j:plainf:id:battleheater:20160104115604j:plain

f:id:battleheater:20160104122419j:plain

f:id:battleheater:20160104122549j:plain

f:id:battleheater:20160104122605j:plain

「BULLET CLUBの乱入なしに正々堂々とやるなら、AJに勝って欲しい」と言ってました。

 

f:id:battleheater:20160104115939j:plain

予想コーナーが終わりリング中央に戻るみもりん。

 

f:id:battleheater:20160104120211j:plain

明日の試合について星占いと血液型占いと動物占いで調べた結果を語るみもりん。
動物占いが入ってる辺りがとっても三森さんっぽくて笑ったw

 

f:id:battleheater:20160104120404j:plain

f:id:battleheater:20160104120625j:plain

オカダにも棚橋にも勝って欲しいと複雑な心境を語るみもりんですが、やっぱり面白いポーズでしたね(笑)

 

f:id:battleheater:20160104120420j:plain

そして「愛してま~す」

 

f:id:battleheater:20160104121024j:plain

 

f:id:battleheater:20160104120918j:plain

f:id:battleheater:20160104121123j:plain

最後はもちろん「ヤノ・トール!!」でキメました。

いつもイベントではプロレストークを抑えているみもりんですが、今回は存分に語る姿が見れてよかったo(*^▽^*)o

逆にプロレスマジヲの中で語るのはすごく緊張したというのもわかりますね(^ω^;;

この模様は新日本プロレスワールドで無料で動画配信されているので、行けなかった方は是非ご覧ください!

http://njpwworld.com/p/o_original_0008_41

2015/12/27 バディフェスタAutumn15 東京会場1日目に行ってきた

いつもと違ってメモレベルのですがせっかく書いたので公開します。

 

会場 秋葉原UDX2階

運よく当選しオープニングステージに座る
ミルキィは登壇者に記載されてなかったが、突然登場
ガラガラの座席を見てみもりんが「スッカスカだなあ」と苦笑

みもりんは挨拶で私が誰かわかるかな?って言ったあと花子の声で「お兄ちゃーん」
歌のお姉さんっぽくて良い

橘田さんには「猫シャツ〜」と言ってひときわテンション高いみもりんw


そしてミルキィ大忘年会
注意事項の影ナレがミルキィ
みころんのヤンキーイケボがよかった

担当キャラで挨拶
みもりんは花子と暁
もりしーもキャラ声を要求するミルキィちゃん
渋々爆の声で腹減った…と言うが不評w

1 今年の一文字「破」について
そらまるはドラムをめっちゃ練習したらしい
橘田さんはベースの音が聴き取れないとw

お笑いネタを度々ミルキィに要求されるもりしー。
お笑い知らないとか言いつつもちゃっかり対応するもりしーw

2 (ミルキィ100ワールドに因んで)100について
みもりんが会場に向かう途中ですごい勢いで立ち上がり、手を上げて言った内容が「ミルキィ4人の年齢を足すと100歳!」だったが、よくよく考えると100じゃなかったという話を嬉々として話すみもりんw

3 2016年ミルキィでやりたいこと
橘田さん 故郷でライブをやりたい
東京 千葉 岩手 宇都宮!?
宇都宮出身と言い張る橘田さん

第二の故郷は?との問いにみもりん「シンガポールかな」

沖縄も行きたい
ダーツで行き先を決めよう

そらまる 申年だから猿のいるところでやりたい 日光東照宮とか!?
モンチッチもコラボしてるしw

オペラ成分が足りないとのことで
もりしーのミルキィカバーアコースティックライブと言う案も

ミュージカルやればって言う話でヴァンガードの舞台の話

みもりんから「歌えてるし踊れてる」と太鼓判を押されるもりしー

今後のバディファイトについて
みころんともりしーは「わからない…察してください…」とのことでした
どうやら出番がないらしい

みもりんは「花子と暁が出てくるか、出てこないかは、あなた次第」とw

もりしーが響のクリスマス会に呼んだのに来なかったことについて「女装してくるとこ」という条件をつけられたからと

そらまる タイ経由で来たら?
橘田さん じゃあなんで毛を剃ってるの?
みも 毛の話はやめよう。フサフサの動物の話をしよう
もりしー チクチクするからね
みも 話終わらせたのに・・・
みこ みんなは剃るのかい?

終わりの挨拶で、仕事納めという言葉が出てこなくて手をバタバタさせるみもりんが可愛かった。

 

2015年11月29日 Anime Festival Asia Singapore 2015 三森すずこ&内田真礼 サイン会 に行ってきた

今年もAFAシンガポールに行ってきました。
色々イベントがあり書きたいことも沢山ありますが、三森すずこさんと&内田真礼さんのサイン会では写真撮影が可能だったので、取り急ぎこちらにアップします。

最近はAFAも撮影禁止のステージがほとんどで、どうせ今回も禁止なんだろうと思ってカメラをホテルにおいてきたんですが、まさかの展開でした。

あと1時間でみもりんのサイン会と言う段階でしたので、間に合わなかったら最悪だしどうしようかと迷いましたが、慌ててタクシーでホテルまでカメラを取りに行って何とか間に合いました。

 

f:id:battleheater:20151201235245j:plain

サイン会に登場したみもりん

 

f:id:battleheater:20151201235438j:plain

f:id:battleheater:20151201235520j:plain

手を振りながら立ち位置へ

 

f:id:battleheater:20151201235602j:plain

f:id:battleheater:20151201235642j:plain

 

f:id:battleheater:20151201235702j:plain

内田真礼さんはサイン会は初めてだと言ってました。

 

f:id:battleheater:20151201235830j:plain

ちょっとすました顔も可愛い…

 

f:id:battleheater:20151202000549j:plain

f:id:battleheater:20151202000640j:plain

すぐ自分の頭を叩きがちなみもりん可愛い…

 

f:id:battleheater:20151202000759j:plain

どの角度から見ても可愛い…

 

f:id:battleheater:20151202000825j:plain

f:id:battleheater:20151202000844j:plain

f:id:battleheater:20151202000859j:plain

横向いても可愛い…

 

f:id:battleheater:20151202000953j:plain

車椅子の方がいたので、まず最初に壇上から降りてサインしてました。

 

f:id:battleheater:20151202001120j:plain

さあサイン会本番ということで気合が入る?みもりん

 

f:id:battleheater:20151202001206j:plain

完全に僕を見て手を振ってますねこれはo(*^▽^*)o

 

f:id:battleheater:20151202001255j:plain

満面の笑みである(^ν^)

 

f:id:battleheater:20151202001332j:plain

f:id:battleheater:20151202001348j:plain

f:id:battleheater:20151202001413j:plain

内田さんと何か話している様子のみもりん

 

f:id:battleheater:20151202001458j:plain

サイン会が始まりました

 

f:id:battleheater:20151202001532j:plain

f:id:battleheater:20151202001857j:plain

f:id:battleheater:20151202001909j:plain

f:id:battleheater:20151202001925j:plain

ファンの目をしっかり見て、満面の笑みで対応するみもりん。
昔はひきつり笑顔とかネタにされてましたが、この笑顔を見れば誰もそんなこと言えないでしょう。

 

f:id:battleheater:20151202002221j:plain

夢の様なひとときはあっという間。
サイン会が終わってしまいました⊂(´;へ;`)⊃

 

f:id:battleheater:20151202002243j:plain

ちょっとブレてしまったけど、なびく髪の毛も美しいですね…(*´∀`)

 

f:id:battleheater:20151202002453j:plain

謎の手つきw

 

f:id:battleheater:20151202002639j:plain

その後集まったファンをバックに撮影が行われました。
座った後ろ姿を近くで見れるのも珍しい…

f:id:battleheater:20151202002754j:plain

f:id:battleheater:20151202002811j:plain

内田さんと並んでピース

 

f:id:battleheater:20151202002831j:plain

f:id:battleheater:20151202002849j:plain

f:id:battleheater:20151202002901j:plain

f:id:battleheater:20151202002918j:plain

f:id:battleheater:20151202002937j:plain

f:id:battleheater:20151202002958j:plain

終わりの挨拶

 

f:id:battleheater:20151202003010j:plain

f:id:battleheater:20151202003037j:plain

f:id:battleheater:20151202003054j:plain

f:id:battleheater:20151202003107j:plain

f:id:battleheater:20151202003136j:plain

f:id:battleheater:20151202003148j:plain

深夜便で来て休む間もなくライブやイベントをこなしたにも関わらず、こんな素晴らしい笑顔で対応してくれたみもりんに感動しました。ありがとう…ありがとう。

サインするものは購入した商品のみに限定されましたが、場所は指定することが出来たので、私は2ndアルバムのブックレットのこのページにお願いしました。

このページのみもりんの表情が好きだったので、めっちゃ嬉しいです⊂(^ω^)⊃

2015年11月07日 三森すずこ5th SG発売記念イベント「Jingle Child Mov.5」大阪1-2部に行ってきた

■会場
 クレオ大阪西
 〒554-0012 大阪市此花区西九条6-1-20

■出演
 ・三森すずこさん
 ・タカハシなっちゃん(ポニーキャニオンの人、司会)

■服装
 ・Light for Knightの白黒衣装

構成、ミニライブのセットリストは東京と同じでしたので、前の記事を参照してください。

 

■詳細
1.トーク
 ①5thシングルについて
  Light for Knightは男役になった気分で歌ったと言うコメントが、宝塚好きなみもりんっぽい例え方だな~って思いました。

 ②MUSIC JAPANについて
  親戚や友達みんなに「見てみて!」ってふれまわったそうですw

 ③2ndライブのBDについて
  ダンスショットが収録されていますが、それはライブが終わったあとにもう一度ダンサーさんたちと集まって撮影したそうです。
  ここでライブBDの素晴らしさを語るみもりんから、「このBDはミモリアンの教材」と言う名言が飛び出し、相変わらずの言葉のチョイスにニヤニヤが止まらない一幕でしたw

 ④みもパvol.3について
  ここで東京では出なかった、「今回は特別な会場で行われる、かも!?」と言う意味深なコメントが…。
  バレンタインだけに「チョコを食べる儀式みたいなのもあるじゃないかな?」とも言ってましたが、「儀式」ってまた・・・w

3.アンケートで集めた質問に答えるコーナー
 1部
  ①Light for Knightをうまく歌うコツは?

   「私みたいに、手を大きく振ったりするといいかも。
   テーブルとかを手で軽く持ち上げるように力を入れると、高音が出やすくなる。」
   これはプロでもやってる人が多いらしく、「企業秘密を教えてしまった・・・」とみもりんが言ってたのが可愛かったw

  ②最近はまってるパクチー料理は?
   「シンプルにパクチーのサラダ。臭みを味わいたい」
   「リスアニTVで作ったパクチーおにぎりは美味しかった」とも言ってて、筋金入りのパクチーマニアは違うな…と思いました(震え声)

  ③今年の秋は何の秋ですか?
   「街歩きの秋かな」ってことで、万歩計を付けて街歩きをしているとのこと。
   後にテレビ番組「JAWBONE TV」(2015年11月13日)にみもりんが登場して、万歩計って言ってたのがハイテクライフロガーだったことが発覚するとは、このイベントの時点では予想もしませんでしたね…w
  イベントの時みもりんから「万歩計」って言葉が出てくるまでちょっと時間がかかってて笑ってしまったのですが、これを付けてたのなら納得です。

 
  ④男に生まれ変わったらやりたいことは?
   女子だと夜遅く出歩いたり繁華街に行ったりするのがコワイ時があるから、「めっちゃ鍛えて強くなりたい」そうですw
   めっちゃムキムキだけど気持ちは優しいということで、つまり「猛雄になりたい」と、2ndアルバムリリイベのネタを使ってきたのにも笑いましたww
   この質問は東京で毎回書いて出したんだけど読まれなかったので、同じネタで他の人が読まれて悔しかったですね⊂(´;へ;`)⊃

  ⑤2ndライブで着替えに時間がかかった衣装は?
   東京でもおなじ質問が出たのに何故これを採用したのか…昔からおなじ質問を採用することがよくあるので、大して質問の中身は見てないのかなあ(`・ω・´)
   みもりんも同じ回答だとつまらないと思ったらしく、「時間をかけてゆっくり着られたのは、最初に着てた通称「シャーベット衣装」だった」と、別のアプローチで答えてくれて、GJ部でしたねっ!

 

 二部
  ①今までで一番難しい振り付けは?
   悩んだあと「Traveling Kitだなあ」と。
   やはり他の曲とは全く違う路線のダンスなので、基礎の筋トレから練習したそうです。

  ②友達の美森ちゃんにニックネームを付けてください
   本名が「すずこ」だと言う人のネタで、この人前のリリイベでも読まれてたよなあ…美味しすぎるでしょ…
   これを読むならうちの猫がすずだって言うネタも読んでくれ~~~ww
   美森ちゃんと組んで美森&すずこで学校でライブをやったらしく、まあ後日談としては上出来だとは思いました。はい(っ'ヮ'c)

  ③騎士が現れて守ってもらえるなら?
   「テレビのコードをコンセントに刺そうとして手が届かない!って時にテレビ台をずらして欲しい」
   守って、というより気が利く感じが良いそうで。

  ④サンタさんに何でも貰えるなら?
   「旧軽井沢辺りにちいさな別荘がほしい」とサンタに不動産を要求するみもりんww
   「もっと夢のある奴にしてください」とカンペが出て、「テラリウム」と答え直したみもりんでしたw
   インドネシアかどこかの富豪が日本に来て別荘を買うテレビ番組の影響で思いついた答えだそうですが、その番組、自分もちらっと見てたんですがすぐにチャンネル変えてしまったんですよね…見とけばよかった(男泣き)

 

4.「みもりんのハロウィン みもうぃんパーティー」
 1部
  ①
ツンデレなナースの移動式遊園地

  ②荒っぽいドラキュラの冬のある日

  ③ネガティブなうさぎちゃんのある雨の日

 2部
  ①同窓会でおっちょこちょいな小悪魔
   小道具の銛みたいな棒をみもりんが振ったら、先っぽが飛ぶハプニングがw
   すかさず「おっちょこちょい!」とツッコミが巻き起こる会場はさすが大阪だなってw

  ②看病する インテリな 魔女

  ③クッキング中 お姫様が ??(忘れました…)
   「ミランダ・カー」って何度も言っててなんの事かわからなかったのですが、外国のモデルさんでCMにもたくさん出てる人みたいですね…だいぶ前だけど、みもりんは「家に帰ってもテレビはつけない」って言ってたのですが、実によくテレビのネタを話すので実際はすごいテレビ見てるんじゃないかと(笑)

 

5.「NO.1みもりあんは誰だ?、みもりん検定」

 1部
  ①三森すずこの誕生日は6月27日である
   ☓ 何故か「戸籍上の誕生日」と強調するみもりんw

  ②三森すずこが好きなプロレスラーは矢野通
   ○

  ③豊崎愛生ちゃんに上げた誕生日プレゼントはアクセサリーである
   ☓ 松茸

  ④昨日歩いた歩数は17,000以上である
   ○

  ⑤大阪に来る新幹線で食べたものはパンである
   ☓ おこわ 

 2部

  ①三森すずこが一番好きな季節は秋である
   ✕で埋まった会場を見て「別のライブに来たみたいw」というみもりん
   X(えっくす) じゃなくて☓(バツ)

  ②得意なダンスはジャズ・タップ・ヒップホップである
   ☓(ジャズ・タップ・バレエ)

  ③1stライブの大阪公演は6月14日だ

   ○

  ④今日新幹線で座っていた座席は窓側である
   ☓(中央)

  ⑤今日にネイルについてるストーンの数は?個(個数忘れた)である
   ☓(6個)

 

 2部の優勝者には「すごいよ、すごいよ」ってすごい棒読みで言ってたみもりんの意図は一体…w

 

6.ミニライブ


 ①スマイリウム
  毎回「サイリウムの仲間だと思ってる人?」って聞いてましたw
  「世にはびこるリウム的なもの…」と言う表現も面白かったなあw
  「ステージから会場を見渡した時に、みんなの笑顔が溢れている空間が世界のように見えたから、スマイリウムと言うタイトルにした」とのことですが、そこから「スマイリウム」って言う造語を作り出すセンスには脱帽ですね。
  それがしゃべると不穏な言葉を連発するんだから、本当にみもりんは面白いし味わい深い人だと思います。

 

 ② Light for Knight
  2部では歌い出してすぐにマイクが入らなくなって、最初から歌い直すハプニングが起きました。
  みもりんがライブで歌い直すのは初めて見たかも…?
  「今のは練習だからね」って言いながら「MUSIC JAPAN」で撮り直しでもう一度歌ったことを思い出すって笑うみもりん。

  大阪1部で初めて、間奏でみもりんが回転ジャンプを見せるところで歓声が巻き起こりました。
  それを見て嬉しくなったのか、2部ではジャンプ決めたあと、すっごいドヤ顔になってましたね(笑)
  それから名古屋でも、そこで歓声を上げるのがお約束のようになってました。
  個人的には、自然に巻き起こった最初の歓声は良いけど、お約束でやるのはなんか違うような気はするんですが、まあみもりんはまんざらでもなさそうなので良いかw

 

 ③約束してよ?一緒だよ!

  大阪では変わるかと期待した3曲めですが、東京と変わらず。
  2ndアルバムのリリイベ大阪で「約束してよ」は歌ってたし、変えてくれればよかったのにな~。
  2ndアルバムで曲を変えてくれたのは、シングルとの価格の差を反映したものだったのかな?(^ω^;;

 

7.終わりの挨拶

 涙こそは見せませんでしたが、スマイリウムは歌っててもうるうるするって言いながら、とても満足そうな笑顔を見せてくれました。
 リリイベも5回めとあって、「私とみんなで三森すずこ」って言ったあと、自分で「あ、出たって思った?w」って言っちゃう辺りもみもりんらしいなあって思いました。

 同じく満足そうな笑顔を見せるミモリアンたちに「大群になってみんなで見たことのない景色を見に行こうじゃないか!」と力強く宣言してくれました。

 そして大阪一回目から突如、最後にみんなに「みもりん!!!」って叫ばせるみもりんw

 みもりん「男子?」
 男オタク「みもりん!!」
 みもりん「女子??」
 女オタク「みもりん!!」
 みもりん「みんな???」
 オタク 「みもりん!!!!」

 って感じで締めくくりとなりました。

 

■総評

 みもうぃんパーティーは東京とお題が同じで、さすがのみもりんもネタに困って辛そうでしたね。
 仮装という制約があったとはいえ、もうちょっとお題のバリエーションは増やしてあげてほしいなあ(^ω^;;

 クレオ大阪は大阪でのリリイベでよく使われますが、どの会場も段差があって見やすいとても良い会場だなあ…。

2015年11月01日 三森すずこ5th SG発売記念イベント「Jingle Child Mov.5」東京に行ってきた

■会場

 山野ホール

■出演
 ・三森すずこさん
 ・タカハシなっちゃん(ポニーキャニオンの人、司会)

■服装
 ・Light for Knightの白黒衣装

 

■構成
1.トーク
  ①1年を振り返って
  ②5thシングルについて
  ③ランス・アンド・マスクスについて
  ④MUSIC JAPAN出演について
  ⑤2ndソロライブについて

 

2.重大発表
  ①クリスマスソング「ハッピーハッピークリスマス」発売
  ②12/24にお渡し会開催
  ③02/14にみもパ Vol.3開催決定!

 

3.アンケートで集めた質問に答えるコーナー

 

4.「みもりんのハロウィン みもうぃんパーティー」
  →シチュエーションと性格、キャラクターを箱から引いて、お題に合った仮装しつつセリフを言う

 

5.「NO.1ミモリアンは誰だ?、みもりん検定」
  →みもりんに関する質問に観客が○×で答えて、最後に残った人はみもりんからお褒めの言葉が戴ける。

 

6.ミニライブ
  ①スマイリウム

スマイリウム

スマイリウム

 

  ②Light for Knight

 

Light for Knight

Light for Knight

 

  ③約束してよ?一緒だよ!

 

約束してよ?一緒だよ!

約束してよ?一緒だよ!

 

7.終わりの挨拶

 

■詳細

1.トーク
 ①1年を振り返って
  常にやることがあって長かったように感じる。

 ②5thシングルについて
  枚数が全てではないけども、今までで一番売れてて嬉しい。

  毎日順位を確認するときは、薄目で恐る恐る見てる。
  MV撮影の時は、凛々しい自分を維持するために、しょっちゅうモニタで確認しながら撮影した。

 ③ランス・アンド・マスクスについて
  山下(大輝)くん以外は女子が多く、女子校が急に共学になったみたいなそんな感じw

 ④MUSIC JAPAN出演について
  
トークは緊張しなかったけど、歌の時はめっちゃ緊張した。

  でも来てくれたミモリアンのおかげで飛び込んでいけた。 

  自分が歌番組に出るなんて映画のワンシーンみたいで・・・
  共演者の人が自分の出演してるアニメを見てくれていて「ほんものだ!」って言われたのがビックリした。アニメの力ってすごい!

  オンエアは怖すぎて部屋の隅っこから見てた。

 ⑤2ndソロライブについて
  カメラもいっぱいあって、映像のクオリティーが今までのライブBDと全然違う。
  後世に伝えたい自信作!買ってね!!♥

  ※2部は台湾からの招待客がいたため、台湾の話をした模様。
   あんこ入りの小籠包がお気に入り。

基本的に雑誌等のインタビューで聞いた話が多かったですが、やはり本人の声で聞けるのは嬉しいですね(*^^*)

MUSIC JAPAN見てくれた人?」って聞いた時に、「手を上げた人少なくない?」って言って、もう一度聞き直したのは面白かったw

観客の反応が悪いと「みんなついてきてる?」とか「あれ、静かになっちゃった…」とかいつも言ってて、ああ見えてみもりんってすごく客席をよく見てるんですよね~。

 2部ではお昼に代々木駅近くのカンボジア料理の店で、フォーの五目焼きそば(?)と買ってきてもらって食べたという話があったらしいです。

トークの際に映像を見ながらコメントするところがありましたが、

 1部:2ndライブBDの告知映像
 2部:Light for KnightのMV
 3部:Light for KnightのMV

だったようです。

 

3.アンケートで集めた質問に答えるコーナー
 1部
  ①自分が不器用だと思うところは?
   LINEのグループの会話に入れない。
   昔の同級生の、20人ぐらいのLINEのグループで「今度集まろう」みたいな話になったけど、会話に入れないまま数週間が経過している。
  器用って言われがちだけど、不器用な分努力して補ってるんですよ。

  ②海外のイベントで心がけてることは?
   なるべく現地の言葉でコミュニケーションを取るようにしてる。
   英語はなんとかなるけど、中国語は発音が難しくてランティス祭りで台湾上海に行ったけど挨拶ぐらいしか言えなかった。

  ③最近みもりんのイベントで雨が降らないけど、実は晴れ女なのでは?
   私は元来晴れ女!
   諸事情で詳しくは言えないけど、外で踊ってた時は、私が出番の時はずっと降らなかった。
   ソロ活動を始めてから雨が降るようになって、振り返ってみると雨が降らなかった時はとある男性スタッフさんがいないので、犯人はその人じゃないかと思ってるw

  ④仕事前にテンションを上げるおすすめの曲は?
   最近マイリトルポニーのサントラを聴いてる。
   自分の曲だと「サンシャインハーモニー」かな?

外で踊ってた時って夢の国の話なんですかね?
だとしたら今まで自分の口から語らなかったのも「諸事情」のためってことなのかなあ…?
夢の国のキャストには色々守秘義務みたいなのがあるという話も聞きますが、そういう事情なんだろうか。う~ん、気になる…

 

 2部
  ①スマイリウムの歌詞を作った時の事を教えて下さい
   急に降りてきた!とかじゃなくて、家でじっくり考えた

  ②家でみもりんを応援してるミモリアン一家をどう思いますか?
   チャンネル争いにならなくて良いですねw
   子供にも応援してもらえるのは嬉しい。

  ③ソロ活動を始めてから、思わず涙してしまったことは?
   だいぶ前だけど、お渡し会でファンの方からすごく暖かい言葉をもらって裏にはけてから泣いてしまったことがある。

  ④2015年やり残したことは?
   英語の勉強を頑張ってる。お母さんが数独にハマっててやってみたら面白かったりして、色々勉強してみたい。

 

 3部
  ①英語でファンにメッセージを
   「I want to make you smile, please follow me everyday, everytime, everywhere, thank you!」

   英検とったのは10年ぐらい前だから英語力落ちてるんですよ~って謙遜してたけど、めっちゃ流暢な発音でした。
   FLASHスペシャル(2015年11月25日増刊号)の記事で「英検2級くらい」とコメントしてたので、自称なのかと思ってましたが、実際に英検取得してたんですね!
   昔アトランタのイベントに行った時のメッセージ動画の時もすごい発音が良くてビックリしましたが、改めてみもりんの英語力を見直しました。

  ②五郎丸選手みたいなルーティンはありますか?
   「俺はレスラー」って言いながら背中を叩いてもらうのは前からやってるけど、新しいのを模索中。
   動物占いを見る、っていうのをやってみようかという話になって、MUSIC JAPANの収録の時にやってみたら「昔の友だちに電話すると吉」と出たので実際に電話したw
   でも毎度昔の友だちに電話するのは迷惑だから、他のを考えてる。

  ③2ndライブで着替えが一番大変だったのは?
   「せいいっぱい、つたえたい!」から「Heart Collection」に行くときが一番大変だった。
   エレベーターの中でも着替えてて、江頭2:50のネタみたいだった。

  ④今後挑戦してみたい曲のジャンルは?
   フレンチポップみたいな優しいポップ。
   先日広島FMのアニリク!で流れたコメントでも「クレモンティーヌとかを聴いてる」って言ってましたが、ライブ向きじゃないけど、そういうジャンルのみもりんも聴いてみたいなあ!

 

4.「みもりんのハロウィン みもうぃんパーティー」
 1部

  ①駆け落ちする 食いしん坊な うさぎ

  ②寒い冬のある日 内気な 騎士

   寒い中、買い物してるお嬢様を外で待ち続ける騎士。
   剣を腰に身につける。使うの忘れてあとで振り回す。

  ③同窓会で ネガティブな パーリーピーポー
   ど派手なメガネをかける。
   仮装してるのをいい事にクラスで一番人気があった人の名前を騙ろうとするが、知ってる人が誰もいなくてすぐに帰ってしまう。 

 

 2部

  ①雨の中の優雅なポリス
   暇そうな交番の警官

  ②ミーハーな小悪魔の宇宙旅行

  ③ツンデレなナースの文化祭


 3部
  ①豪華客船でクルーズするおっちょこちょいな魔女
   ステッキを忘れて変身できなくて魔女とバレる

  ②料理中の厨二病なお姫様
   玉ねぎ切ったら涙が出てきて、誰かに攻撃されたと勘違いするお姫様。
   ティアラが取れなくてあせる。

  ③看病する底抜けに明るいうさぎちゃん

  ハロウィンの日に仕事で渋谷を通ったら、みもりんがシャロとネロのコスプレをしたガタイのいい人とすれ違い、思わず後ろ姿を撮ってミルキィメンバーに報告した、というこぼれ話もありましたww

 

5.「NO.1ミモリアンは誰だ?、みもりん検定」
 1部
  ①
みもりんの血液型はB型である

   ✕

  ②サンシャインハーモニーのMVに出てたみもりんの親友の名前は「つぶ」である
   ○
  ③「好きっ」の7番目の曲は「サマーバケーション」である
   ○
  ④三森すずこ動物占いでは猿である
   ○

  ⑤「会いたいよ…会いたいよ!」のメイキングで食べてたのはお好み焼きである
   ✕

 2部
  ①みもりんの星座はかに座である
   ○
  ②公式ページプロフィールの趣味の欄で一番最初に書いてるのは料理である
   ○
  ③小学生の時ミュージカル部だった
   ✕

  ④今日の爪の色はシルバーだ
   ✕(グレージュだそうです)

  ⑤今朝食べたのはパンだ
   ✕(おかゆでした)

 

 3部

  ①みもりんの出身地は東京である
   ○

  ②飼ってる犬の名前はプリンとチョコである
   ✕

  ③今日履いてきた靴の色は茶色である
   ✕ (黒だったそうです)

  ④ユニバーページ初回版の品番はPCCG.01371である
   ○

  ⑤みもりんが昨日最後に食べたものはオムライスである
   ○

  ⑥司会の高橋なっちゃんとじゃんけんして勝つのはみもりんだ
   ✕


 人数が絞れたら、みもりんとのじゃんけんでさらに絞り、最後は残った者同士が直接対決で一人に絞る形でした。
 勝ち残った人にはみもりんから「○○さん、今日、持ってるね」と言うお褒めの言葉がw
 二部だけ「○○さん、今日、冴えてるね」だったかな?
 ちょっと違ったらしいです。

 前から「みもりんカルトクイズやって欲しい」ってアンケートに書いてたので、採用されたのかな?w
 今回は運試しみたいな問題が多かったけど、アウトブレイク・カンパニーのアミュテック入社試験イベントみたいに、いつかガチの検定試験をやって欲しいなあ~w

 

6.ミニライブ

 ①スマイリウム
  生でみもりんの笑顔を見ながら聴くと、CDで聴くよりも何倍も気持ちが伝わってきて、歌詞を噛みしめるように聴いてました。
 みもりんも「ライブで早く歌いたい」って言ってたのは、ファンの笑顔で埋め尽くされた空間、スマイリウムの中で早くこの曲を歌いたかったんだろうなあ・・・。
  1部ではあまり落ちサビで黄色に変える人がいなかったせいか、二部から「落ちサビで黄色に変えてくれると嬉しいな」ってみもりんが言うようになりました(^ω^;

  ②Light for Knight
  歌う前にスッと笑顔から凛々しい顔に変化するみもりんがカッコ良かった。
  間奏の回し蹴りみたいなジャンプするところも、MVと同じように生でやってくれて、力強い!って思いましたね。
  高音もMJの時よりきれいに出てたし、やっぱりあの時は緊張してたんだろうなあ・・・。

 ③約束してよ?一緒だよ!
  追加1曲があるのも驚きましたが、それが約束してよちゃんだったというのも驚きました。
  2ndアルバムのリリイベで取ったアンケートで第6位だったそうですが、2ndライブで歌えなかったので選んだそうで。
  大阪名古屋では「サマーバケーション」と「私…見守ってるよ!」を…
  いや、「全部受けとって、強く抱きしめて。」も長らく聴いてないし、「大切なキミ」もそろそろいい季節だし…何を歌ってくれるのか楽しみになりました⊂(^ω^)⊃

 

7.終わりの挨拶
 初めて来てくれた人も多くて、三森すずこが大きくなってるんじゃなくて、三森すずこ一味!?で大きくなって行ってる気がして嬉しい。

 そしてユニット活動も含めて、不器用な私を受け止めてくれる人がたくさんいるってことを実感できた一年だった。
 だから怖がらないで飛び出していこうって思えるようになった。

 みもりんが頑張ってるから自分も頑張ろうって、勇気を与えられる存在になれるように、みんなからも勇気をもらって頑張りたいと思う。

 一つ一つの星が集まって夜空が作れるように、みんなでこれからも楽しく行きましょう!!

 

 まとめるとこんな感じでしたでしょうか。
 「三森すずこ一味」って言う言い方には、これまた爆笑してしまいましたねww

 「名古屋大阪もあるし、またすぐ会えるよ」とも言ってましたが、全通前提みたいな言い方でそれも笑いましたw

 

■総評
 東京はリリースイベントとしては歴代最大の会場でしたが、モニターに映してくれたので遠い席でもみもりんの表情がよく見えて良かったです。
 ちょっと照明が明るすぎて見えづらいところもあったのと、欲を言えばライブの時も映して欲しかったな~w

 2回目は落選してしまって、もっと落ち込むかなって思ってたんですが、みもりんの楽しそうな笑顔を見てたらそんなことも忘れて、幸せに満たされてしまいました(*´∀`*)
 レポート書くにあたって、2部の様子を聞かせてくれた皆さんにも感謝です。

 大阪名古屋も楽しみ♪

2015年6月27-28日、7月11日 Mimori Suzuko Live 2015 「Fun! Fun! Fantasic Funfair!」に行ってきた

■会場
 舞浜アンフィシアター

■出演
 ・三森すずこさん
 ・ダンサーさん8人

■開演前

今年もこの日がやってきた…!
三森すずこさんの2回目のワンマンライブ。

2ndアルバムの曲を初めて聴いた時、特に「Heart Collection」を初めて聴いた時から、一体どんなライブになるんだろうと期待に胸を膨らませ続けてきましたが、その答えがいよいよ明らかになる時がやって来ました。

ワクワクと少しの緊張を抱えながら、Fantasic Funafairの玄関口、舞浜駅に到着。

初日の物販はチケットを持っている人限定にしてくれたおかげで、列ができたのも物販開始1時間ちょっとだけで、買いたいものも全部買えました。

レジはスピーディーとはいえませんでしたが、台数が多かったので十分に捌けてましたし、クレジットが使えるのも助かりました。
告知ポスター大好きマンなので、CD等を2000円以上買うと、2ndアルバムの告知ポスターが貰えるやつをやってくれたのも嬉しかったです。
物販に関しても文句なしの良対応でしたね(^ω^)


その後はイクスピアリに戻って、モンスーンカフェでみもりんの大好物、タイ料理でランチ♪

ナシゴレンうめえ~~~

 

エビ!エビ!!
三森さんに食べさせタイランドヽ(≧∀≦)ノ

 

イクスピアリの中を見て回ったりしているうちに、開場時刻も近くなり、再び会場に戻りますが、予定時刻を30分過ぎても開場しない…。
なにかトラブルでもあったのかな…みもりん大丈夫かな…と不安に思いながら待っていると、待機してるオタクをかき分けて進んでいく2人の女性が。

紛れも無く大坪由佳プロと五十嵐裕美さんでしたね…。
きっちり現場に来る辺りさすが…最初物販入り口に突入していって、関係者入り口はあっちです!って追い返されてたのが面白かったですねww

2日目の28日には木谷社長、みころん、彩沙ちゃんなど、響の関係者が来ていたようで、7/11はPileさん、遠藤ゆりかさん、内山夕実さん、照井春佳さん、やのあんなさん、天津向などが来ていたようです。

予定より45分ほど遅れた17:45頃、ようやく入場が始まりました。
開演前に「最高のパフォーマンスをお届けするために開場が遅れました」と言うアナウンスが流れましたが、果たして一体何があったんでしょうね(^ω^;;。
初日以外は開場、開演に大きな遅れはありませんでした。

 

■開演

開演前にはちょっとレトロな雰囲気の洋楽がBGMとして流れてて、Fantasic Funfairの構想の元となった映画「グリース」の舞台である、1950年台のアメリカの雰囲気が感じられました。

バックの電飾で描かれた「Fantasic Funfair」の看板もショウっぽいというか、「CHICAGO」とかにも通ずるような、古き良きアメリカ感が出てて、世界観の統一感が良かったです。

そのBGMと客電が絞られて、いよいよFantasic Funfairの開演、いや開園です。
 
 「Ladies and gentlemen. Welcome to Fantasic Funfair!」につづいて、「楽しむことがみもりんとのお約束」みたいなアナウンスが英語で流れ、なんか夢の国っぽい始まりでドキドキ…。

赤い緞帳に緑のレーザー光線で「Fantasic Funfair」と照射されてましたが、最終公演ではその後に「FINAL」と言う文字も照射されました。


■本編

 M01:Fantasic Funfair

 みもりんとダンサーさんたちが、奈落からリフトアップされてステージに登場。
 事前にみもりんが「今回も曲順はアルバム通りにしたい」と言ってたとおり、1曲目はこの曲でした。
 金テープが4連射され、みもりんの「Fantasic Funfairへようこそ! みんな楽しんでいってね~!!」の声。
 カラフルな衣装のダンサーさんたちといい、遊園地に入った瞬間の高揚感を感じさせる良い演出でした。

 
 M02:ときめいてDream
 1曲目を歌ったあとすぐに舞台下手に駆け足ではけていくみもりん。
 そして2曲目「ときめいてDream」のイントロが流れる僅かの間に、金色のジャケットの衣装に早着替えをみせました。

 この曲の時はバックのセットの上にも登って、ステージ全体を使っての表現を見せてくれました。

 星形の風船を持って、セットにそれをくっつけてたのは、「流れ星のイルミネーション」という歌詞に合わせたものだったのかな?

 その後も何度も着替えましたが、大掛かりな着替え以外はステージから捌けず、暗転した一瞬の間に上に着てるものを脱いだり着たり変身してて、この辺りも間延びしないようにしようと最大限に工夫したあとが伺えました。


 <MC1>
 「支配人の三森すずこです!」との挨拶で始まり、3日共につかみは安定の天気の話題w
 しかしこの梅雨時に3日とも雨が振らなかったのはビックリでしたねw
 レインメーカーさんいったいどうしちゃったの??(笑)

 観客が持ってるグッズに言及し、新しいみもりんブレードは金平糖みたい」とご満悦のご様子でしたが、ウサ耳カチューシャは付けてる人が少なくて「うさぎの耳も…あんまりいないね(´・ω・`)」とちょっとしょんぼり。
 買ってたんだけど、つけたら後ろに迷惑かな~と思って遠慮してたんですが、付けておけば良かったと後悔しました(;_;)

 Tシャツのチップとデールはやつらのお膝元ということもあってか畏れ多かったみたいで、「チップさんとデールさん」とさん付けで呼んでるのが面白かった(笑)
 「このシャツなら着たまま舞浜を歩いても馴染む」とのことで、やっぱりミモリアンがリア充の巣窟で浮いてつらい思いをしないよう…との、ファン思いなみもりんのやさしさが、チップとデールのシャツを産んだのですね…(男泣き)

 そしてウサギにちなんでぴょんぴょんウエーブをやろう!、とのことで観客に「手でウサギの耳を作って、ジャンプするときに「ぴょん!」と可愛く言ってください」とのお達しがw
 頑張ってやってみたけど「声が低い、もっとかわいく!」とダメ出しを食らい、もう一度ww
 みもりんが満足したところで、「向こうの国に負けないぐらいに楽しんでください!」と締めて、再びショウが始まります。


 M03:純情 Da DanDan
 「せいいっぱい、つたえたい!」のリリイベでその華麗なステップに魅了されたこの曲では、スカートを外してショートパンツに変身。
 華麗なステップが見せ所の曲だけに、脚がしっかりみえる服装で歌ってくれて良かったです。
 「優柔不断な♪」のところのステップが至高なんですよね…
 
 今回はダンサーさんを引き連れて、帽子やステッキを使ってラインダンスを見せ、「THE ショウ」って感じのアレンジになってました。
 ダンサーさんと椅子に並んで座って、脚を組み替えるところがすごくショウっぽくて印象に残りました。


 お着替えタイム1
 「純情 Da DanDan」のアウトロが続くなか、ダンサーさんたちよりも一歩先にステージから退いたみもりん。
 そのままカッコイイ曲をバックにダンサーさんが踊り続け、ここでも間を作らないノンストップのステージを作りたかった意図が見えました。


 M04:ROLLER COASTER
 ダンサーさんたちの曲が終わると同時に、9列目と10列目の間の通路に、トロッコに乗ったみもりんが出現!
 「ROLLER COASTER♡」を歌いながら、ゆっくり進むトロッコの上で、客席の隅々まで視線を送りながら、観客に手を振って応えてくれました(^o^)
 この時の衣装は、映画「グリース」のヒロインが来ていたものをイメージして作ったそうで、映画を見なおしてみたら確かに色は違うけどデザインはよく似てました。
 最終日は後方席だったので、トロッコを準備してみもりんが乗り込む様子がよく見えました。
 暗幕で隠されたトロッコの上でしゃがんで身を隠してる様子が可愛かったですね~(*^^*)


 M05:Traveling Kit
 スカートを外してこんどは水色のショートパンツ姿に早替わり。
 この曲ではみもりんがロボットダンスに挑戦!
 ダンス経験豊富なみもりんも、ロボットダンスは初挑戦だったそうですが、こんなダンスも出来るんだっと、みもりんのハイスペックさに改めて目を丸くしましたね。
 歌詞の中で未来的な乗り物が出てくるから、この曲にロボットダンスを入れたんでしょうね~!
 ダンサーさんとウェーブしたりするところもキレイでした。
 後ろにレーザーで六角形とか色んな図形が描かれていたのも、なんだか未来っぽかったです(笑)


 M06:せいいっぱい、つたえたい!
 再びROLLER COASTER♡の時のロングスカートを装着。
 すっかりお馴染みのこの曲ですが、こちらも今回は特別バージョン。
 円形のステージの真ん中にメリーゴーランドの木馬が登場し、それに腰掛けながら歌うみもりん。
 ステージの左右にも来てくれたのも良かったです(っ'ヮ'c)
 

 M07:Heart Collection
 そして暗転した舞台に、雷鳴が鳴り響く…。
 明るいファタジーだった「せいいっぱい、つたえたい!」から一転して、ダークファンタジーの世界へと切り替わります。
 セットの前に半透明な幕が垂らされ、その後ろ側に、アンティークチェアに腰掛けた、黒い衣装のみもりんが…!
 プロジェクションマッピング幕に映しだされる洋館や不思議な視覚効果の後ろで、座ったままで、手振りだけでHeart Collectionを歌うみもりん。
 2番のサビぐらいからはダンスも入りましたが、ダンスが売りのみもりんを座らせて、しかも姿が見えないように幕を垂らすなんて、完全に世界観を優先した結果ですね。
 全くもって思い切った演出で鳥肌が立つぐらいに驚きました…。

 最終公演では力が入りすぎたのか、「Heart Collection」と「Spinning Stars」はちょっと声も表情も怖いぐらいになってたような気がしました。
 レコーディングの時は「『怖すぎる』と言われて柔らかくした」と言われた話がありましたが、今回あの演出との組み合わせでは、怖いぐらいのほうが個人的には良かったと思います。

 2日目と最終公演では、予め最初のMCでみもりんから「カミナリがゴロゴロ鳴ったら、光るものは消灯してね。でないとオバケにみつかっちゃうよ~」と、Heart Collectionではペンライトを消灯するようにお願いがあり、曲が始まる前にもモニタに消灯のお願いが表示されました。
 それでも点灯してるオタクには係員が注意してたようなので、相当な徹底ぶりでしたね。
 おそらく初日の公演で、ペンライトが予想以上に明るすぎてプロジェクションマッピングが見づらかったから、2日目からそういうお願いが出来たのだと思いますが、この曲は真っ暗な方が雰囲気もいいし、むしろ演出としても正解だったと思います。
 ただ、みもブレ2に追加されたパープルが浮かばれない…w


 M08:Spinning Stars
 以前から「ゴリゴリ踊りたい」とみもりんが語ってた曲だけに、ダンスに期待していました。
 いつも笑顔で踊るみもりんですが、この曲はキリリとした表情でカッコ良かったですね。
 回転する舞台を使って、みもりんがダンサーの周りを回ったり、逆にみもりんの回りをダンサーが回ったりして、Spinning Starsを表現していて、遠心力や引力を感じさせる見事なステージでした。
 足元が回ってる中で踊るのって難しいと思いますが、長年のダンス経験で培ったバランス感覚の良さも伺えますね。

 そして間奏の間にスタッフ2名がみもりんに駆け寄り何かし始めて、???と思ってると…

 

 流星のごとく舞浜に舞い上がるみもりん…!

 

 天井に近い高さまで舞い上がったまま、落ちサビの

「駆け巡る わたし 流星みたい 舞い上がる もっと高く、高く」

 を歌い上げる姿に、ただひたすらに圧倒され立ち尽くしてしまいました…。
 リリイベ東京の時にもやりたいこと聞かれて「飛ぶ!」とは言ってましたが、ここでこう来たか…。

 そして吊られたまま最後まで歌いきり、そのまま口を開けた奈落まで降りていくみもりん。
 武道館でそらまるが飛んだ時もびっくりしたけど、その時よりももっと高かったように感じました。
 ※後のMCで9mの高さまで飛んだとみもりんが語ってました。

 2日目はあるのがわかってたから少し冷静に見れたけど、今度はワイヤーが外れてみもりんが落ちないかどうかもう心配で心配で、息を呑んで見守ってました。
 追加公演では後方ブロックの席から見てましたが、みもりんがペンライトの銀河の上に舞い上げる星のように見えて、前方ブロックとは全く違う美しさが見られました。


 お着替えタイム2
 BGMに合わせて動く光の演出がしばらく続き、「Spinning Stars」で興奮した心を少し落ち着けながら待ちます。
 この光の演出もまた、単なる時間稼ぎではないクオリティーの高さでしたね。
 光の演出が終わったあと、他の観客も思わず拍手してましたから、みんな同じ思いだったのではないでしょうか。


 M09:ハーモニア
 そして黒の衣装から一転して、純白のドレスに花冠と言う姿なって、リフトアップでゆっくりと再びステージに姿を現したみもりん…。
 これがもう私にはウエディングドレスにしか見えなくて、その神々しいまでの美しさに思わず涙が溢れてしまいました。
 まさに舞浜に舞い降りた天使…

 情感たっぷりに歌い上げるみもりんの歌唱力、表現力、そしてみもりんを取り囲む光の演出…全てが最高で最高で最高でした。
 バラードだし期待はしてたけど、ハーモニアでここまで魅せてくれるとは…脱帽です。

 後方ブロックの席から見ると、光の玉が描いた翼がぴったりとみもりんと一体化して、しかもそれが一枚の絵画のように見わたせて、完全にペンライト振るのも忘れてただただ見惚れていました。

 最終公演では出だしでリフトアップが遅れて、そのまま奈落の中で歌い始めるというハプニングも有りましたが、そこも何事もなかったかのように冷静に対処していたみもりんにも痺れましたね。
 

 M10:ちいさな手と観覧車
 ドレスのスカートを外して、身軽に変身。

 後方ブロックの席から見ると、場面に合わせて色とりどりにイルミネーションされる観覧車をバックに踊るみもりん達が、ステージ全体で夕方の遊園地を表現している感じが伝わってきました。
 ダンサーさんが持ってたバトンの先が光りながらクルクル回るのがキレイだったなあ…。

 公演前の期待値はこの曲が一番楽しみにしてたのですが、直前のハーモニアが圧倒的すぎてちょっと印象が薄くなってしまった感じがあるのは、この曲にとって不運でしたね(^ω^;;


 M11:Wonderland Love
 「ラストの曲です、ぴょんぴょんしてね~」とのことで、いっぱいピョンピョンしましたw
 ここでも天井から吊られた多数の光の玉が、みもりんの手の動きに合わせて飛ばされて、そしてハートの形になるような演出があって、見事でしたねえ。
 曲の最後に投げキッスがあったのも可愛かったです(*^^*)
 

 歌い終えて、「三森すずこが贈る夢の世界、Fantasic Funfairはいかがでしたか?」と言ったあと、ステージを隅々まで巡って、客席に手を振りながらステージを降りるみもりん。


 ここまで時間にして開園から約1時間。
 2曲めの後のMCからノンストップで繰り広げられたアトラクションたちでしたが、本当ににあっという間でした。

 去年のツアーも短く感じたけど、今回はもっと短く感じて「ホントにもう終わりなの???」って思いました。
 それだけ密度の濃いステージだったわけですが、まだまだ楽しみたい!
 ということでアンコール。


■アンコール

1.セットリスト
 初日
  EN1:会いたいよ…会いたいよ!
    <MC>
  EN2:グローリ!
  EN3:ユニバーページ

 

 2日目
  EN1:夢見る!信じる!未来叶えて!
    <MC・誕生日サプライズ
  EN2:みんなでイエー☆オー!!
  EN3:ユニバーページ

 

 追加公演
  EN1:グローリ!
    <MC>
  EN2:みんなでイエー☆オー!!
  EN3:ユニバーページ


 3日共にアンコールではアレンジしたチップとデールTシャツ(インディゴブルー)に着替えての登場。
 グレーは着てくれなくて、グレーしか買わなかった俺様涙目でしたねwww
 MCなしで駆け抜けた1時間のショウに、思わず「やっとしゃべった」と笑うみもりん。

 アンコール曲は2ndアルバムのリリイベで集めた投票を元に、ランキングで決めたとのことでした。
 追加公演で「今日はベスト3を歌います」と言ってたので、

 

 1位:ユニバーページ
 2位:みんなでイエー☆オー!!
 3位:グローリ!

 

 だったということですかね。
 1位はわかるけど2位と3位は個人的にはかなり意外な曲でした(^ω^;

 初日はみもりんがタオルを出したので「みんなでイエー☆オー!!」だ!と思ったら

 みもりん 「私のことを全力で応援してください」
 オタク  「????」
 みもりん 「さあ全力投球で♪」
 オタク  「;;;;;」

 となってたのがなんか面白かったですw
 追加公演ではタオルをやめてポンポンになってて、間奏でダンサーさんが一列に並んで、みもりんがバットを振るとポンポンで打球が飛ぶ様子を表現してたのがGJ部でした!


2.アンコールMC
 MCではショウを振り返って幾つか語ってくれましたが、印象に残ったのは、

・純情Da DanDanは「ザ・ショウ。ザ・エンターテインメント」って感じでやりたいってずっと思ってたから、ラインダンスしたりできてすごく楽しかった

ROLLER COASTER♡の衣装は、映画「グリース」のヒロインが着てた衣装をモチーフにした。だからあれがFantasic Funfairのヒロインなんです!

・Spinning Startsでは高さにして9m飛んだんだ。ロープだけであんなに高く飛んで科学の力はすごい(笑)
 フライングは「やりたいやりたい!」って言ってたけど、いざ実際に飛ぶとなると「やっぱり大丈夫かなあ…」って日和ったりもしましたw

・客席が近くて後ろまでよく見える。この舞浜アンフィシアターはまるでFantasic Funfairのために作られたようなステージ。

・1stライブは、楽しもうというよりも不安と緊張の方が大きくて毎回胃薬を飲んでたが、今年は全然違ってワクワク感しかなかった。
 とはいえ、さすがに初日の前の日の夜中は眠れなかった。
 初めて立つ会場だし、ステージが思ったより円だったらどうしようとか色んなことが頭に浮かんで、ずっと脳内通し稽古してたけど、ステージに出たらすっかり忘れて楽しめた。

・(追加公演まで)2週間の間が開いてその間に他のこともしてたんですけど(笑)、この日が待ち遠しかった。
 胸がいっぱいでお腹が減らない。今日燃え尽きたら一杯食べる。

と言ったところでしょうか。

 

「円が思ったより円だったら」っていう言い方、面白かったなあw
 要はステージが半円じゃなくてもっと後ろ側まで客席があったらどうしよう、って言いたかったんだと思いますが、ほんと面白い言葉のチョイスでこういうの大好き♡

 あと、追加公演で水を飲もうとした時、お水おいしい?と聞こうとするオタクに「あ~美味しい、美味しいよ」ってめんどくさそうに、しかも水を飲む前に答えたのが面白かったですw
 あの時は水が3種類あったようですが、あれは何故だったんだろう…。

 ソロ活動を初めて2年目か3年目かわからなくなって考えこんでしまったところもワロタww
 「数字は本当に苦手なんですよ~」って言ってたけど、さすがにそれは数字がどうこうという問題ではないような…w


 そして3日間通して繰り返し言っていたのは、

 

こうやって自由にステージで歌って踊れるのは本当にみんなの愛があるからこそ。
ああ、なんて素敵な人生何だろう…。

みんなの温かい気持ち、メッセージ、お手紙を受け取って、日々のエネルギーにしています。
だからうまくいかない時や落ち込んだ時も頑張れる。
私もみんなの活力になっていたら嬉しいなって思います。

もっともっと、みんなに楽しんでもらいたいし、みんなといっしょにたくさんの景色を見ていたいから、これからも頑張ります。
応援よろしくお願いします。


ということでした。
追加公演の最後には「日頃言いたかったことが言えると、こんなに胸の中がすっきりするんだな…」とボソッと言っていて、あまり表に出さないけど、いつもそう思ってくれてるんだなあって思えて、嬉しかったですね。


2日目には
「みんなの愛に包まれて、例えるなら寒い時期にあつーいお風呂に入ったような感じ?。わかるかな?……わかんねえだろうなあw」

なんてことも言ってましたね。
温かいお風呂だったらわかるけど「あつーい」って言われるとちょっと首を傾げちゃいますよね~さすがみもりんだと思った(笑)


そしてぴょんぴょんウエーブを痛く気に入ったご様子で、初日限定でしたが、ひとしきりMCが終わったあと、もう一回やりたいと言ってやらせる一幕もありました(笑)
終わったあと「私のライブって感じ」とご満悦の様子が可愛かったです(*^^*)


3.記念撮影
その後恒例の記念写真の撮影がありましたが、その時前髪を整えようとして「そらまるちゃんが(前髪の分け目の)角度大事って言ってた」と言う、ラブライブ!のファンミーティングツアーで出たネタを使ってたのが面白かったですねw

客席がステージを囲んで半円形だったので、撮影はバウムクーヘンみたいに三分割でやる」とみもりんが言った時、関係者席にいた大坪プロが私信と勘違いして大喜びしていたらしいです(ノ∀`)
大坪プロがいない日も同じ事言ってたし、あれは断固私信ではないですね!!!!!

撮影の時の掛け声は、初日は「ファンファンファンタジック!」だったのですが、う行で終わると口が尖ってしまうからということで、2日目以降は「ファンファンファンタジー!」に変更になりました。
みもりん曰く、一晩考えた掛け声だそうで…w
「ジーっていいよね」って自画自賛した後に「夏になると出てくるG…」って言ったのは謎でしたがww


4.誕生日サプライズ
誕生日の6/28の公演では、誕生日サプライズがありました。

アンコールで1曲めとMCが終わり、タオルを持って「元気いっぱいグルグルしてください、次の曲はこれ!」
と言った瞬間、流れてくるはずの「みんなでイエー☆オー」ではなく、謎の音楽が…!
そしてモニタに映しだされたのは

 

    矢  野  通!!
 
 
 悲鳴とともに盛大にコケるみもりん。

 

 「三森すずこの誕生日?しったことか
  でも水道橋のオレの店にも来たことあるらしいし、だからおめでとうございます
  これからも声優として歌手として頑張れよ
  お前ら、オレのDVD千枚二千枚買えよ」

 

 続いて現れたのはオカダ・カズチカ

 「三森すずこさんの誕生日ということで…特にありません。
  いや、誕生日おめでとうございます。
  三森さんにはオカダと言われるけど、歳上なのでオカダさんな!とは言えません。
  三森さんは声優界のレインメーカーを名乗ってるということですが、レヴェェェェルの違いを見せてください。
  というわけで三森さんに金の雨がふるぞ~~~」

 

 みたいな内容のメッセージでした。
 さり気なく年齢攻撃するオカダ…w

 

 そしてHAPPY Birthdayをみんなで合唱

 「またやられた…!」と驚きと喜びで涙を流すみもりん。

 涙をタオルで拭いながら、「どうしよう、化粧…大丈夫?行ける??」
 そっちの心配かいww

 

 「このショウを成功させたくてこの数日間は必死で、誕生日のことは忘れかけてました。
  お肉で言うと熟成肉が好きなので、肉も女も熟成させたほうが旨味が出ると思ってるので、この先もいろんな経験をして、みんなの愛を受け取って、おいしく熟成したいと思います」

 

 と語るみもりん。
 肉が唐突に出てきて若干戸惑いましたが、29歳だから肉を引き合いに出したのですかね?(笑)

 ステージ上でケーキを食べようとするみもりんには「え?」って思いましたが、すかさず袖からフォークが差し出されて、まるで予見してたかのようでしたw

 その後、改めて感謝の気持を語るみもりん。

 「舞浜には小さい時から夢の国に遊びに行ってた思い出の地で、そんな場所で誕生日をたくさんの人にお祝いしてもらって、小さい頃から憧れていた、みんなに自分のステージを見てもらえる、そんな大人になれてほんとに嬉しい…。

 幼稚園の時の卒園アルバムに、某夢の国のダンサーになりたい…と書いた私が、今日このステージに立てていること、みんなに見守られて愛をたくさん受けていることに、本当に幸せを感じています…!

 でも私は貪欲なのでまだ満足しませんっ。
 声優界のレインメーカーとして、一味違うレインメーカー道を突き進んでいきたいです!」


 そんな風に語ってくれました。


 小学生の頃からダンスとかやってたというのは知ってましたが、幼稚園の頃にすでにダンサーになりたいという明確な夢を持っていたことは初めて聞きた話でした。

 この娘は生まれながらにステージに立つことを宿命付けられていたのかも知れないな…。

 この娘がステージに立つ道を閉ざすようなことがあってはいけない。
 この娘が舞台に立ち続けられるように応援しよう・・・

 気がつけば去年の6.28に思ったことと全く同じことを、改めて強く感じている自分がいるのでした。

 そんなMCがあったこの日に、「夢見る!信じる!未来叶えて!」を歌ってくれたのは、なんだか偶然には思えないんですよね。
 
 「夢見ることをやめないで
  信じることをやめないで
  キミだけの未来 ねぇ 絶対!絶対!
  叶えていこうよ

  ハードル上がるほど もっと高く飛べるでしょ?」
  
 このフレーズは完全にみもりんの生き方を表してると思うんですよね…だからこの曲大好きなんですよね…。

 去年みたいな本気のサプライズは、やっぱり最初でしか出来ないことだから、プロレスラーというネタをぶっこんで来たのは正解だったと思います。
 あんなに素晴らしいショウの後だけに、あんまりしんみりしちゃうのも良くないですしね!(^ω^)


 追加公演の最後のユニバーページを歌ったあとに、みもりんが「ありがとう、今日は楽しかった~~! ありがとう!!」って言ったのが、本当に自然に心から出た言葉に聞こえたのが嬉しかったな。


■総評

 諸事情でツアーは出来なかったですが、それを逆手に取って、この舞浜アンフィシアターでしか出来ないショウを見せつけたのも見事でした。

 ともすれば曲数や時間の短さに不満の声が出かねないのに、そこに媚びずにFantasic Fanfairの世界観を最大限に表現することを選んだ潔さには、あっ晴れと言えるでしょう。

 少し検索してみたけど、時間の短さに不満を言っている人はほとんどいなくて、大方の人に今回のショウの趣旨が理解されていたことに驚きました。

 去年の早着替えもすごかったけど、今年のはステージ上で暗くなった一瞬で変身するという離れ業を見せてさらに磨きがかかりましたし、本格的に着替えるときも、ダンサーさんや照明によるショウが切れ目なく続いて、間延びが全くなかったのも、Fantasic Funfairの世界観に没入度を大きくすることに貢献していたと思います。

 舞浜アンフィシアターは初めて行きましたが、見る席によって見え方が全然違って、3公演ともに全く違った視点で見ることが出来て良かったです。
 特に追加公演は敢えて後方ブロックの座席と代わってもらって、今までの2回の公演の記憶と、他の人のレポートやツイートも掘り起こし、どの曲のここではどこを見るんだ…というイメージトレーニングを重ねて臨んだので、見たかった演出が全部きれいに見れて最高でした。

 欲を言えば、アンコールの曲数をもう少し増やして、三公演ともに違う曲にしてくれれば完璧だったかな~。

 5曲✕3公演で15曲あって、全部違う曲だったら、1stアルバムの曲も全部網羅できて最高だったな~なんて思うわけですが、まあそれは贅沢言い過ぎってもんですかね(笑)

 ヘッドセットを使ってくれたこともとても喜ばしいことだったのですが、ハーモニア以降はハンドマイクになり、結局アンコールの既存曲ではヘッドセットを使ってくれませんでしたね。

 だから今回ヘッドセットを使ったのは、あくまで今回の公演の演出上の必要性からの措置であって、今後の通常のライブではやっぱりヘッドセットを使うつもりはないんだろうなって受け止めました。
 とても残念なことですが、これで淡い期待も完全に打ち砕かれた気分です…・゚・(ノω;`)・゚・

 追加公演では何度か歌詞を間違ったところもありましたし、ハーモニアでもリフトアップが遅れるパプニングもありましたが、その後焦ってガタガタにならないで、何事もなかったかのように歌い続けられていたのも、みもりんのステージ度胸に感服せざるを得ませんでした。

 

 そしてもう一つとても大きく感じたことは、みもりんの内面の大きな変化です。
 一言で言うなら、「三森すずこが本性を表し始めた」、これに尽きると思います。

 1stライブの時は「Jingle Child Story」と言う用意された世界観を、三森すずこが表現するライブであったと思います。
 それに対して2ndライブは、三森すずこ自身が作り上げた世界観を、三森すずこ自身が表現するライブ、いやショウであったと思います。

 2ndアルバムを聴くまで、私は、みもりんは「与えられたキャラクターや世界観を表現する」タイプの演者だと捉えていました。
 自分自身で世界観を作るタイプではないと思っていました。
 そんなみもりんが、2ndアルバムで一気に自分の世界観を出してきた。しかも確信を持って、自信満々に…。

 1stアルバムの時は「自分の意見も取り入れてもらった」みたいな言い方をしていたみもりんが、2ndアルバムでは「私のアルバム」とハッキリ言ってのけたとき、私はとても驚きました。

 ライブもみもりんがやりたかったことをドンドン積み上げていったような内容で、完全に三森すずこプロデュースのファンタジー空間でした。

 上海のランティス祭りの帰りに、みもりんが「CLUB SEVEN」と言うショウを見に行って、こんなツイートし残していました。

 

 「私の原点」と言う言葉が気になって、私も見に行ってみたのですが、出演者の名前を見てなるほど、と思いました。

 そしてその時はピンと来なかったのですが、今回の3日間のショウを見て、改めてなるほど…と思いました。

 「純情Da DanDan」なんかはこの公演からインスピレーションをもらったんじゃないかな、と言う気がしましたね。

 

 ソロデビューから1stアルバムを作る過程で、悩んで苦しみながらも自分と真摯に向き合って、何かを掴んだようには見えたけど、そこからこういう方向に発展していくとは全く予想外でした。

  いったいみもりんに何の変化が訪れたんだろう…私の中で完成しかけていた三森すずこ像が大きく揺らいでしまったことに、戸惑いと恐れすら感じました。

 私が思っていたよりも遥かに底が知れない存在になった三森すずこさん。
 人気や知名度だけではなくて、人間としてぐんと大きくなったことを思い知らされました。

 この人は一体何を目指し、どう変化を遂げていくんだろう…いまだ明かされないみもりんの7つの目標のうちの残り6つも含めて、ますます目が離せなくなりました。

 

  舞浜でライブがあると聞いた時、「みもりんのディスニー凱旋公演だ」真っ先に思ったので、ライブのMCでもその話が出るんじゃないかと期待してたのですが、全く触れなかったですね。

 「夢の国のダンサーになる」と言う夢は、「ミッキーのドリームカンパニー」でマーガレット役を射止めた時に、すでに叶えていたことになるのかも知れません。

 その後、全く想定していなかった声優という未知の世界に飛び込んで、再び舞浜のステージに舞い降りたみもりん…

 「ミッキーのドリームカンパニー」自体も、ダンサーを夢見るマーガレットがオーディションに落ちても諦めないで頑張って、夢へのきっかけを掴む、っていうストーリで、この役を、幼稚園の頃から夢の国のダンサーに憧れていたみもりんが射止めたっていう事自体が、物凄いドラマチックな話じゃないでしょうか…。

 この辺りの話もみもりんに語ってほしいなあ…って思うのですが、そう思って振り返ると、私が知る限り、みもりん自身の口から夢の国でマーガレット役をやっていた事を聞いた覚えが無いことに気づきました。

 インタビュー記事やラジオ番組などで過去を語るとき、宝塚を目指したり、ミュージカルをやっていたことはよく語っているのに、ディスニーの話は全く触れられていないのは何故だろう…。

 響の公式プロフィールにも記載されている周知の事実のはずなのに、考えてみれば不思議な話です。

 果たして何か理由があるのでしょうか…?

 

 木谷社長にミルキィホームズやりませんか?と言われたのはおそらく2008年末だと思われます。

 その後2009年5月19日に橘田さんと初めて顔合わせして、2009年10月にミルキィホームズとしての活動が始まるわけですが、その間にディズニーとCutie Paiでの活動があるわけで、この時期のみもりんの心境はいったいどうだったんだろう…。

 前からとても気になっている部分なのですが、それは1stツアーの千秋楽で言っていた「今は心の引き出しにしまっておく」と言う言葉にリンクしているような気がしています。

 こんなことを言うと笑われそうですが、最近私は、ファンという立場だけでなく、みもりんの生き方や人生そのものにすごく惹かれるものを感じています。

 だからこの人の言動のすべてを見ていたい、聞き逃したくない…私が必死でイベントに通い続けているのは、そういう理由なんだと思います。

 1人の人生の軌跡として、いつか伝記を書いてみたいなあ…なんて、割と真顔で考えていたりします(笑) 


■番外
 今年も横断幕に寄せ書きを頂いて、みもりんにプレゼントしました。

f:id:battleheater:20150713225743j:plain
 ご協力くださった皆さん、イラストを描いた下さったのうちらすさん、ありがとうございました!(^ω^)

 いつもの人も、久しぶりの人も、初めましての人も、顔も名前も知らない人も色々だけど、なんやかんや言うてみんなみもりんのこと好きなんやな~って再認識できるのも、むにゃの日の嬉しいところなんだなあ…

 また来年も素敵なむにゃの日が迎えられるように、いつも頑張っているみもりんに置いていかれないように、ちっぽけな自分だけど、自分なりに日々頑張って行こう…そんな勇気をいっぱいもらえた3日間の公演でした。

 応援してきたつもりが、すっかり応援される方が大きくなっちゃったな…。

2015年5月24日 三森すずこ2nd AL発売記念イベント「Fan Fun Meeting」名古屋1~2に行ってきた

■会場
 東別院ホール
■出演
 ・三森すずこさん
 ・タカハシなっちゃん(ポニーキャニオンの人、司会)
 
■服装

 

■構成
1.トーク
  ①1stアルバムから1年を振り返って
  ②2ndアルバムの楽曲の制作陣とのやりとりについて
  ③2ndソロライブについて
 
2.アンケートで集めた質問に答えるコーナー
 
3.「キャッチフレーズは世界一!ミモリーランドをつくろう」
  形容詞とアトラクションが書いた紙を箱から引いて、それを絵で描く
  (例) つよい メリーゴーランド
 
4.「ファンタジック 胸キュンワード」
  Fantasic Funfairの曲の歌詞の中から選んだフレーズを元にシチュエーションを考えて、ファンが胸キュンするワードを言う
 
5.ミニライブ
 1部:ROLLER COASTER♡ / グローリー! 
ROLLER COASTER

ROLLER COASTER

 

グローリー!

グローリー!

 

 2部:Wonderland Love / 会いたいよ…会いたいよ!
Wonderland Love

Wonderland Love

 

会いたいよ...会いたいよ!

会いたいよ...会いたいよ!

 

 6.終わりの挨拶
 
 
■詳細
1.トーク
 あんまり覚えてませんが、内容は東京大阪とそれほど違いはなかったと思います。
 楽曲についてのトークでは、ROLLER COASTER♡は最初はドライブする内容の歌詞だった、と言う話が印象に残ってます。
 
 あと、休みをもらって藤田咲さんと大坪プロと一緒にUSJに行った話が出たのは驚きましたw
 大坪プロにハメられて、絶叫系にも色々乗ったそうで、怖かったけどそれ以上に楽しかったと語ってましたねえ。
 この名古屋のリリイベの前日に、アニワラで何食わぬ顔で同じステージに立っていたみもりんと大坪プロが、裏では遊園地デートをしていたかと思うと、心中穏やかではなかったですね(笑)
 
 
2.質問コーナー
第一部
 ①Wonderland Loveに出てきたウサギの名前は?
  ペットを飼うなら付けようと決めていた名前がいくつかあって、その一位が「でんぷん」で、二位が「おもち」だった。
  ウサギを見た時、でんぷんちゃんの名前がよぎったけど、すでに先約があったので・・・(笑)
  ※結局あのウサギの名前は何なのかについては答えずw
 
 ②次のアルバムの方向性は?
  いろんな自分を発掘して、色んな三森すずこを見せていきたい。
  いつもみんなをハッとさせたい。
 
 ③夏を乗り切るために食べてるもの
  ゴーヤ。チャンプルーが定番だけどもっと色んな食べ方を模索してる。
  あとは辛いもの。自分用の一味を携帯して、いつでもかけられるようにしている。
 
 ④ディスニーランドのおすすめアトラクション
  ビッグサンダーマウンテン・フィルハーマジック・ピーターパン
 
 ⑤卒論の原稿が覚えられない
  声優は台本が手元にあるけど、舞台の頃には、自分で台本を読んだ声を録音して聞いていた。
  文字を覚えるより音として覚えると良い。
 
 
第二部
 ①USJで好きなキャラは?
  スヌーピー
  子供の頃のあだ名が「すーぴー」で、お母さんが名前が似てると言ってスヌーピーを買ってきた思い出がある。
 
 ②新しくMVを作ってみたい曲は?
  「ちいさな手と観覧車」
  夕方のノスタルジックな世界を映像にしてみたい。
  ※東京でも同じ質問があって、ROLLER COASTER♡って答えてましたね。
 
 ③得意料理は?
  最近オクラがいい。
  オクラを茹でて、アボカドとポン酢とマヨネーズで食べると美味しい。
  妹に褒められた。
 
 ④旅行したい場所は?
  沖縄に行きたいが行けないので沖縄居酒屋に行く。
  島らっきょうとかゴーヤ、海ぶどうにはまってる。
  海外だと天国に一番近い島・・・なんだっけ?
  ※名前が出てこなかったけど、ニューカレドニアと言いたかった模様w
 
 ⑤パクチーとの出会いは?
  親戚がカナダに住んでて、子供の時に遊びに行った。
  その親戚がベトナム料理やタイ料理にハマってて、食べに行った時に初めて食べた。
  最初はびっくりしたが慣れたら癖になった。
  ※そして前日放送された「みもりんのはるやすみ」で見せた、パクチーの食レポを自画自賛し始めるみもりんw
   「事務所の後輩に見せたい」と言ってましたが彩沙ちゃんのことでしょうねww
 
 
3.「キャッチフレーズは世界一!ミモリーランドをつくろう」
第一部
 ①長い マスコット
  「今日は作画が安定してるw」といいながら、四本足の胴の長いウサギ?を描く。
 
 ②新しい バンジージャンプ
  なっちゃんバンジージャンプはいかがですか?
  みもりん :いくら積まれてもイヤ
  なっちゃんみんなに頼まれたら?
  みもりん :みんなが先に飛ぶならやる
 
  そんなやりとりをしながら描いた絵は、宇宙船から飛ぶバンジージャンプ
  大気圏突入で燃えますねw
 
 ③強い ジェットコースター
  ドリルのついたジェットコースター
  道を自分で切り開く
 
 
第二部
 ①早い メリーゴーランド
  競走馬に乗るメリーゴーランドw
  「東京シティー競馬に時々現れるメリーゴーランド」って言ってましたが、馬ミルキィを忘れない三森さんの義理堅さに濡れた(笑)
 
 ②失念しました・・・
 
 ③高い コーヒーカップ
  エル○スとかのブランドものの高級なコーヒーカップ。
  割れたら大変。
 
 ④怖い ミラーハウス
  合わせ鏡の一枚が違う人
 
※みもこむさん早くみもりんが描いた絵の画像アップしてください!!!!
 
4.ファンタジック 胸キュンワード
第一部
 ①Fantasic Funfair
  「扉を開ける時が来たよ 私達はどんな物語のなかへ旅立つのかな?
  みも子とみもおの結婚式
  新郎新婦入場の扉が開く前、これからの二人の未来に思いを馳せるみも子
 
 ②Heart Collection
  「その心臓を鷲掴みできたなら そのままコレクションして眺めるの
  ここに来て新キャラ「リン」が登場。
  場末の焼き鳥屋でハツ(心臓)を頼んでビールを飲む疲れた感じの女を熱演w
 
 ③Traveling Kit
  「遠回りだっていい 沢山話せるから ナビゲーションはいらない ただいつも心を信じ 奔放に行くよ
  さっき二度と出てこないって言ったのに、早速リンが再登場ww
  何と猛雄とリンが付き合ってる!(笑)
  ドライブで道間違えるが、その分一緒にいられると前向きなリン。
 
第二部
 ①せいいっぱい、つたえたい!
  「胸の奥熱くなるキュンて鳴く
  忘れてしまいました・・・
 
 ②ときめいてDream
  「君だけだって 見つめて急に うなづけないよ
  映画に出てた女優を褒める猛雄。
  あんな娘がタイプなんだ・・・と拗ねるリンに、「でも僕は君だけだよ」と言う猛雄。
  急に言われてもうなづけないよ・・・。
 
 ③せいいっぱい、つたえたい!
  「涙にさえ奪えない だってこんな本気なんだもんっ
  すっかり猛雄とリンの劇場になってしまい、みも子とみもおが出てこないw
  最後のお題と聞いて悩むみもりん。
  その結果、みもおとみもこの前に猛雄とリンが登場するという大技を披露ww。
  久しぶりにみも子を見てときめく猛雄。それをみてジェラシー発動するリン。
  泣きながら、猛雄のことが本気だったことに気づくリン・・・。
 
  一人四役を熱演したみもりんでしたが、「一人で出来るのは二役までかな…」と(笑)
 
 
5.ミニライブ
 大阪までは全部違う曲だったの期待しましたが、名古屋はすでに歌った中からの選曲だったのはちょっと残念でした(^ω^;
 グローリー!を歌ったあとに、「かっとばせみもりんって気持ちいい!」と言ったのには驚きましたが・・・いくらなんでも今更それはないと思うので、まあ言い間違えでしょうね(笑)
 
 
6.終わりの挨拶
 他の会場と同じく、「日程とか大人の事情でツアーができなくて残念だけど、代わりにリリイベでミモリアンに会いにこれて、感謝の気持ちを伝えに来れて嬉しい」と語ってました。
 
 
■総評
 名古屋は同じ曲だったけど、それでも5公演で10曲歌ってくれて、全公演を通してひとつのライブのような感じがあったのは良かったですね。
 シングルと違ってアルバムでのリリイベは初めてでしたが、こういう形だと今後も楽しみです♪
 
 またこれまでのリリイベは
 
 歌1曲→朗読→コーナー1→コーナー2→歌2曲→ハイタッチ
 でしたが、今回は
 
 トーク→コーナー1→コーナー2→コーナー3→歌2曲
 
 と言う流れで、トークが長く続く構成になって、ちょっと変化に乏しいという印象も受けました。
 果たして今後シングルのリリイベではどうなるのか…個人的にはハイタッチもやって欲しいんですけどね(;ω;)
 
 質問コーナーは同じ内容の質問を2回読むことが複数回見られたのは残念でした。貴重な機会なので、しっかり吟味して選んで欲しいところですね。
 
 なっちゃんはみもりんに同じ質問を何回もしてて、もう一捻り欲しいところでしたね~w
 まあ普通のポニキャン社員さんのようですから、あまり多くを望むのも酷かもしれませんが、やっぱりイザワさんの司会は伝説だったなあ…と(笑)